• 以降のイベントを検索

東京工芸大学 写大ギャラリー「平敷兼七写真展」

東京工芸大学 写大ギャラリー「平敷兼七写真展」

     沖縄、愛しき人よ、時よ

2017.9.4 2017.10.29

東京工芸大学 写大ギャラリー

詳細はこちら

イベント情報

【期日】2017年9月4日(月)~ 2017年10月29日(日)   
    10:00 ~ 20:00  会期中無休・入場無料
東京メトロ丸ノ内線 中野坂上駅下車1番出口 徒歩7分

〔写真展概要〕
平敷兼七(へしき けんしち,1948-2009 年)は、アメリカの統治下の沖縄、今帰仁村(なき
じんそん)に生まれ、61 歳で亡くなるまで、生涯沖縄を撮り続けた写真家です。2007 年に
開催された写真展「山羊の肺 沖縄1968-2005 年」(銀座ニコンサロン)で高い評価を得
て、亡くなる前年に第33 回伊奈信男賞を受賞しています。近年では、2015 年にヒュース
トン美術館にて開催された展覧会「来るべき世界の為に 1968 から1979 年における日本美
術・写真における実験」に選出されるなど、国内外で再評価が進んでいます。
高校時代に写真を始めた平敷は、1967 年に上京し、新設されて間もない東京写真大学工
学部(現東京工芸大学工学部)に入学します。学生運動全盛の頃、多くの同世代の写真家
たちが政治運動に目を向ける中、平敷は沖縄の離島に足を運びます。そして本土復帰目前、
沖縄の人々の生活こそ写真に残すべきであるという生涯のテーマを見つけ出します。
そこから家族、街の人、夜の女など、貧しさの中でも逞しく生きる人々を撮り続けまし
た。確かな信頼関係を築きながら撮影された人々は、無防備とも言える自然な表情を見せ
ています。平敷の被写体を尊重する姿勢によって写された人々の溌剌とした姿は、当時の
沖縄自体をも色濃く記録したものとも言えるでしょう。「人生の結論は身近にあり、身近
の人物達、身近の物達、それらを感じることができるかが問題なのだ。」亡くなる2 日前
の日記にある言葉どおり、身近なものへの愛、日々の大切さ、人間とは何かを、今日に生
きる私達に優しく伝えてくれます。
本展では、平敷のライフワークといえる沖縄を記録した写真集『山羊の肺』(影書房, 2007
年)と、1970 年から80 年代に撮影された、東京狛江市にある沖縄出身大学生の為の寮を
撮影したシリーズ「南灯寮」から選んだ作品を合わせて展示いたします。
身近な人々や時代と真摯に向き合って記録された、時を経ても決して色褪せることのな
い平敷作品の魅力を、この機会に是非ご覧いただけたらと存じます。