• 以降のイベントを検索

東京藝術大学大学院音楽研究科 音楽文化学専攻音楽文芸研究室 2018年度公開研究発表会

東京藝術大学大学院音楽研究科 音楽文化学専攻音楽文芸研究室 2018年度公開研究発表会

2019.3.15

東京藝術大学 音楽学部5号館4階401教室(東京都台東区上野公園12-8)

詳細はこちら

イベント情報

日時:2019年3月15日(金) 13:00〜17:00
会場:東京藝術大学音楽学部5号館4階401教室
住所:東京都台東区上野公園12-8
入場:どなたでもご参加いただけます

お問い合わせ:東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻音楽文芸研究室
http://ongakubungei.geidai.ac.jp/ask1

今年も以下の要領で公開研究発表会を行います。

どなたでもご参加いただけますのでぜひご来聴ください。

東京藝術大学大学院音楽研究科
音楽文化学専攻音楽文芸研究室
2018年度公開研究発表会

2019年3月15日(金) 13:00〜17:00
東京藝術大学音楽学部5号館4階401教室

川崎ます美(博士5年)

カンタータ 《人間の顔》 にみるプーランクの独自性について――詩の選択と付曲手法からの考察――

本間千尋(博士4年)

パロディの連鎖とその手法――「カヴォー・モデルヌ」におけるシャンソン創作を例に――

髙島登美枝(博士1年)

七月王政期バレエを支える言葉と音楽の相互関係――民族舞踊の位置づけからの考察――

上敷領美絵(修士2年)

詩の読者としてのドビュッシー― ――12音節詩句の3分節詩句を通じて――

村田理奈(修士2年)

S. ドナウディの歌曲集《古い様式による36のアリア》の考察――「古い様式」と独自性に着目して――

秋山美穂子(研究生)

ベートーヴェンのピアノソナターー調性・強弱法・表情記号の拡大――

山下絢子(研究生)

ゲーテ「ミニョンの歌」に作曲された複数の歌曲