• 以降のイベントを検索

ダ・ヴィンチ没後500年  「夢の実現」展

ダ・ヴィンチ没後500年  「夢の実現」展

2020.1.5 2020.1.26

代官山ヒルサイドフォーラム

詳細はこちら

イベント情報

開催期間: 2020年1月5日(日)~2020年1月26日(日)
開催時間:11:00〜20:30(入館は20:00まで)
     ※1月5日(日)は12:00開館、1月8日(水)は15:00閉館
場  所: 代官山ヒルサイドフォーラム
総意匠数: 復元絵画作品16点、復元彫刻作品1点、復元建築作品2点、
      復元工学系発明品12点(予定)、その他展示
主  催:学校法人桑沢学園 東京造形大学
観覧料金:無料
お問い合わせ:東京造形大学 042-637-8111

東京造形大学は、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年を記念し、世界で初めてレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、彫刻、建築、工学系発明品の合計31点の未完作品等を、最新の研究と技術を駆使して復元する全学的なプロジェクトに取り組んでいます。
本プロジェクトでは、レオナルド・ダ・ヴィンチの研究の第一人者であり、監修を務めた本学の教員である池上英洋を含め7名の指導教員のもと、本学の学生、大学院生、卒業生 約100名が参加し、ワーキング・グループごとに、復元作業を行っています。その集大成として、2020年1月5日(日)より、復元した作品を一堂に展示する「夢の実現」展を代官山ヒルサイドフォーラム(会期:2020年1月5日~2020年1月26日)において開催いたします。
本プロジェクトおよび展覧会は、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画全16点を本来の姿で見てみたい、当時の技術では実現できなかった発明品を500年後の今の技術で実現したい、という願いから、本学が創立50余年の中で培ってきた「知と技能の蓄積」と、「固定観念にとらわれない、柔軟な発想力を育てる」という方針のもと、全学をあげて挑戦しています。レオナルド・ダ・ヴィンチがかつて描いた夢を、教員と学生が論理的に再現する試みは、まさしく「夢の実現」です。