]> 京都府 展覧会 京都精華大学 2020.9.23 2020.10.9 高原秀平 個展

近年、絵画制作を通して具象と抽象のはざまにある中途半端でありながら心地よい点を探しています。「半抽象」という極めて曖昧な言葉が使われて久しいですが、この不確かな概念に明確な解を求めたいと考えています。

今回の展示では天文学用語である《ラグランジュ点(ラグランジュポイント)》を基点とし、空間を構成します。

《ラグランジュ点》とは
2天体同士の重力等の釣り合いが取れる点であり、人工衛星を配置するのに適した“宇宙の中で安定するポイント”とされています。5点存在しており、3点はレオンハルト・オイラー(1707-1783)が1760年ごろ発見し、後年(1772年)ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ(1736-1813)が残りの2点を見つけ出しました。

宇宙という不安定で揺らぎある環境であっても安定するラグランジュ点のように、具象と抽象の間にも、私の求める点が確かに存在するのではないか。今回の展覧会が具象と抽象の間にある不明瞭な部分を照らすきっかけとなればと思います。

高原 秀平 | Shuhei Takahara
https://www.shuheitakahara.com/

1990年 兵庫県生まれ
2014年 京都精華大学 芸術学部 造形学科 洋画コース 卒業

同じ行為を繰り返すこと。その過程で自然発生するルールを守ること。
そのルールを少し破ること。破ることで生まれる新しいルールで同じ行為を繰り返すこと。
このサイクルによって起こる知覚の更新を目的としています。

]]>
東京都 展覧会 東京藝術大学 2020.9.26 2020.10.25 東京美術学校(美校)開学から現在の東京藝術大学まで、130年以上にわたって引き継がれている本学の美術・教育資料の集積である「藝大コレクション」。2020年の展示では、美校・藝大に残された多様な美術作品によって、学史を「年代記」のように辿ります。
第1部では、上村松園の《序の舞》、狩野芳崖の《悲母観音》など、名品群を紹介します。
第2部では、藝大を象徴するコレクションと言える自画像群を特集します。黒田清輝を中心とする西洋画科の卒業課題としてはじまり、現在まで続くコレクションで、その総数は現在6000件を超えます。これらの自画像を、日本近代美術・美術教育史の流れを示す「歴史資料」として扱い、100件以上の自画像を一堂に並べ、美校・藝大の流れを「年表」のようにご覧いただきます。

 

]]>
東京都 展覧会 文化学園大学 2020.10.2 2020.12.18 藍は世界中で古くから用いられている植物染料です。地域によって蓼藍、琉球藍、インド藍、大青など使用する植物の種類や染色法は異なりますが、堅牢で比較的手軽に染めることができるため、基本の染料として広く親しまれてきました。藍染は、絞り染や型染、ろうけつ染といったさまざまな技法と組み合わせたり、他の色の染料を重ねて染めたりすることによって多彩な表情を見せます。本展では、日本、アジア、アフリカ、中米など、約40か国の藍染の衣装や布を紹介し、それぞれの地域で藍染がどのように取り入れられてきたのかを探ります。

]]>